任意売却のメリットとは

subpage-img

不動産を購入する場合には住宅ローンを利用するのが一般的です。
住宅ローンを利用するためには保証会社による保証を受けますが、同時に不動産に抵当権を設定する必要があります。

任意売却の情報探しをお手伝いします。

不動産を第三者に売却する場合には抵当権の抹消が必要です。


基本的に住宅ローンを完済すれば抵当権を抹消できます。しかし住宅ローンの返済が困難な場合には、完済前でも抵当権を抹消し不動産を第三者に売却する仕組みがあります。
任意売却ではコンサルタントが仲介者となり債権者である保証会社から承諾を得て住宅ローンの完済前に抵当権を抹消します。

住宅ローンを完済しなくても抵当権を抹消して不動産を売却し、住宅ローンの返済に充てることができる点に任意売却のメリットがあります。



一般的に債務の減額や免除を受ける方法として債務整理が行われています。
債務整理には任意整理、特定調停、民事再生、自己破産が存在します。

これらのうち民事再生は住宅ローンの返済に利用できません。

自己破産は基本的に全財産の処分が必要です。
特定調停では債務名義である調停調書が作成されるので、強制執行される可能性があります。

また債務整理を行うと信用情報機関に登録されます。


任意売却では住宅ローンを3か月以上滞納していれば信用情報機関に登録されますが、債務整理のように直接的に登録されることはありません。

また全財産を処分する必要もなく、強制執行される心配も不要です。



住宅ローンの返済が困難な場合にはまず任意売却を行い債務を減額します。

残額の返済が困難な場合に債務整理を行うのが合理的な方法です。


top