競売よりも任意売却がおすすめ

subpage-img

住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合、そのまま放置しておくと、せっかく購入した家が競売にかけられて売られてしまうことになります。
競売にかけられると、かなり事務的な作業で売却されてしまうので、市場価格よりもずっと安い価格で売り飛ばされてしまうことが多いです。融通もほとんどきかないので、すぐさま家から退去させられたりするのもデメリットです。

任意売却情報収集ができます。

競売は最後の手段というようなもので、はっきり言ってメリットは何もありません。
できることなら競売になってしまう前に任意売却をした方がいいです。


任意売却なら売却価格は市場価格ということになりますから、より高値で売れる可能性が高くなります。

より高値で売ることができれば、その分住宅ローンの残債を圧縮でき債務者としては有利になれます。

また、競売だと住宅を売った後に残債が残った場合、その残債を一括で返済するように通告されたりすることがありますが、任意売却ならかなり柔軟に債権者と話し合うことができるので、残債の分割返済なども認められることが多いです。それから、任意売却は普通の住宅の売却のような形で話が進められるので、強制的に進められる競売の手続きとは違いとても穏便な形で売却手続きが進みます。



ですから精神的にも楽ですし隣近所の目もさほど気になりません。


引っ越し時期などもかなり柔軟に決めることができるので、いきなり退去を勧告されるという強引なことは起きにくいです。



債権者としっかり話をつけることで引っ越し費用を出してもらえる可能性もあります。


top