任意売却を実行した場合のメリット

subpage-img

任意売却という選択をする場合、それに関する費用は掛からないのかどうか、実行後に何らかの費用が必要になってくるのではないかという疑問を持つ方も少なくありません。

任意売却情報サイトを使用する機会が増えています。

やはり債務者にとっては、できるだけかける費用を少なくして出費を抑えたいところでしょう。



また多くのメリットがある反面で、デメリットはないのかと気になるという方もいらっしゃいます。


まず大前提として、どのような方法でも不動産を売買するということに関してはメリットもデメリットも存在すると考えるのが一般的です。ただし、住宅ローンの返済が困難となった状況において、競売を回避するという観点からは任意売却にはかなり大きなメリットがあるものと考えて良いでしょう。



売却価格が市場の相場に近く、返済にあてられる金額が多く得られること、退去や転居に関しての制約が競売に関して少ないということ、場合によっては住み続けながら債務整理を実行することが可能であるということなどが挙げられます。
競売とならなように、それを回避する方法としてメリットの多い任意売却ですが、住宅ローンの返済が滞った段階で任意売却の実行に移るということができますので、意図的に行うということは難しいということになります。
あえて利用したいという場合には故意にローン滞納を発生させるという方法がありますが、信用情報に関して登録されるという事になりますので、新しくローンを組むことが困難となることを考慮したほうが良いでしょう。

そのようなデメリットを考慮しても、やはり任意売却を実行することによって解決するのであれば、一考の価値があるといえます。

top