任意売却で得られるメリットについて

img1-1

自宅の購入のために組んだ住宅ローンの返済が困難になると、ローンの残債は金融機関から保証会社へと移ります。これは代位弁済が行われるためですが、その後ローンの一括返済を求める通知が届きます。

分割で返済する権利を失うことになるわけですが、これに従えなければ家は差し押さえられることになります。
そのような事態を避けるためには、任意売却が必要です。
住宅の保有を続けると競売によって安く処分されてしまうからです。
その前に自分で処分して、借金を抱えることを避けようということになります。


ただし住宅を売却するためには、ローンの残債は全て払い終えていなければなりません。

通常は売却金額で残債全てを払えなければ、他に借り入れを行うことになります。

けれどもローンを滞納してしまうと、新たな借り入れは不可能となってしまいます。

任意売却情報があれば全てが解決します。

いわゆるブラックリストに名前が載ることで、今後は借金ができなくなってしまうからです。


けれども任意売却の場合には、ローンを全て支払わなくても売却は可能となります。


残った残債は分割返済することが認められるからです。


これが任意売却のメリットと言えます。



また専門業者であれば、競売にかけられるまでの少ない期間の中で、買い手を探すことができます。

さらに自宅を処分した後の生活の再建に関しても力を貸してくれるので、便利なサービスであると言えます。



もちろん、早い段階で任意売却を行うことで、少しでも有利な条件で買い手を探すことができます。

任意売却の学びたい知識

img2-1

任意売却という選択をする場合、それに関する費用は掛からないのかどうか、実行後に何らかの費用が必要になってくるのではないかという疑問を持つ方も少なくありません。やはり債務者にとっては、できるだけかける費用を少なくして出費を抑えたいところでしょう。...

more

任意売却コラム

img3-1

任意売却をしたいと思っても、どの程度の費用負担があるのか不安に感じている人もいるかもしれません。しかし、任意売却を不動産会社に依頼した場合に支払う費用は、0円なのです。...

more

任意売却の注目情報

img4-1

住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合、そのまま放置しておくと、せっかく購入した家が競売にかけられて売られてしまうことになります。競売にかけられると、かなり事務的な作業で売却されてしまうので、市場価格よりもずっと安い価格で売り飛ばされてしまうことが多いです。...

more

任意売却の基礎知識

img5-1

不動産を購入する場合には住宅ローンを利用するのが一般的です。住宅ローンを利用するためには保証会社による保証を受けますが、同時に不動産に抵当権を設定する必要があります。...

more
top