任意売却の費用を負担する必要はない

subpage-img

任意売却をしたいと思っても、どの程度の費用負担があるのか不安に感じている人もいるかもしれません。


しかし、任意売却を不動産会社に依頼した場合に支払う費用は、0円なのです。

任意売却関する便利な情報が満載です。

住宅を売却した場合には、手数料や消費税がかかりますが、この費用は住宅の売却代金の中から支払われることに鳴りますので、依頼者が負担する必要はありません。そして、住宅売却代金から不動産会社に手数料などを支払い、残ったローンを分割して支払っていくことになります。任意売却をして、住宅を手放した場合、売却代金が住宅ローンよりも高くなるということがない限りは、ローンが帳消しになるということはありません。

残ったローンは支払う必要がありますが、場合によっては残高を減額してもらうことが出来る場合もありますので、支払い負担が大幅に軽減される可能性があります。

任意売却時の対応については、債権者によって大きく異なります。

債権者側からすると、貸したお金は少しでも多く回収したいと思っているはずです。



しかし、完済不能な金額であった場合には、債務者の生活状況等を考慮し、現実的に返済可能な金額を設定した方が得策であると判断する場合があり、その時には借入額が圧縮される事があるのです。



ただし、注意しなければいけないのは、必ずしも借入額の圧縮に応じてくれるわけではないということに加えて、圧縮される金額も一律ではないということです。

最初から借入額の圧縮を期待することは避けるようにしましょう。

top